サイバーセキュリティの定義

企業活動などで重要な情報データが格納されているコンピューターを、サイバー攻撃から守ることをサイバーセキュリティと定義できます。
すなわち、コンピューターに接続されるネットワークを介して授受される情報データが、外部に漏洩したり壊されたりすることがないように対策することです。これにより利用する情報データが、常に安全で信頼できるものとして運用可能となります。

サイバーセキュリティシステムを導入してよかったことランキング

鍵
no.1

情報セキュリティ事故の回避

企業にとって重要な顧客情報や機密情報を、外部に流出させてしまうと信用を失うだけでなく、損害を賠償するために多額の費用が必要となります。これらのリスクに対処することで、万が一の事故発生を回避し、重要情報を安全かつ信用できる状態に維持することが可能となり安心です。

no.2

事業サービスを安心して継続

サイバー攻撃によって事業を継続する上で、重要な情報が漏洩したり、データの改ざん、破壊などによりシステムダウンが引き起こされたりする可能性があります。このままでは、提供しているサービスを継続不可、及び賠償金も発生してしまいます。そこでサイバーセキュリティシステムを導入し、このリスクを回避しています。

no.3

万一の賠償リスクを低減

情報セキュリティ事故が発生すると、情報データの漏洩や毀損によって自社に損害が発生するだけでなく、関係する顧客や外部の企業にまで損害が発生するリスクがあります。サイバーセキュリティシステムによって、情報事故の発生を未然に防止し、賠償リスクを低減する効果を享受しています。

no.4

信用リスクの低減を回避

大切な顧客情報が外部へ流出したり、毀損したりすると企業の信頼やブランド力の低下を招きます。その結果、事業の継続が危ぶまれたり、顧客減少などにつながったりする恐れがあります。セキュリティシステムによって、情報データ事故を防ぎ、企業の信用を守ることが可能になりました。

no.5

作業負担やコスト削減に貢献

サイバーセキュリティシステムの導入によって、悪意のある脅威から重要データを一括管理することが可能となり、リソースの最適化が進みました。またコンピューター資産や情報管理に必要となるメンテナンス工数や管理に要する工数を減らし、トータルコストの低減につながっています。

サイバーセキュリティサービスを選ぶ時のコツ【予算やプランを検討】

女性

サイバーセキュリティサービスを選ぶ時のポイント

高品質で定評があるサイバーセキュリティサービスが複数あり、コストパフォーマンスも向上しているため、いずれのサービスも導入しやすい条件が整ってきています。ただし、自社の環境に適したサービスを選ぶためには、用途に合わせることを念頭にネットワーク環境の規模や予算を考慮することが大切です。
また最適なサービスを選ぶためには、アナリストの対応の内容を比較してみましょう。サイバー攻撃に対する監視や海外からの最新情報の入手体制もチェックすべきポイントです。

Ivanti Software株式会社

移行に苦戦している方に朗報です。Windows10への移行トラブルを解決しよう!