HOME>レポート>csirt設置でセキュリティ対策は万全!会社を守る組織を持とう

csirt設置でセキュリティ対策は万全!会社を守る組織を持とう

男性

運用までの費用

企業や組織のコンピューターにメールやハッキングなどを行い攻撃をして、情報を盗みだし情報漏を漏えいさせるなどの事故が増加しています。セキュリティー事故は企業のイメージだけでなく、機密事項などがライバル企業などに漏れてしまうなど多大な被害を受けてしまうこともあります。標的型攻撃やメールなどを使った攻撃からコンピューターを守るために、企業などではcsirtを設置してサイバーセキュリティー対策を行う動きが主流になってきています。csirtを構築や運用されるまでの費用は企業の規模や要望によって異なります。提供されるためのフローとしては、プロジェクトの立ち上げから現状の分析と調査、移行の計画から構築されていきます。運用されるまでに一般的には半年ほど、費用相場は500万円からとなっています。

オフィス

さらなる対策が必要

サイバーセキュリティー対策としてcsirtを設置すると、企業内の対策度はアップします。ただし、設置したからすべての対策に万全ということではありません。セキュリティー対策を行っても、ある程度知識を持った人が対策をしていく必要があります。セキュリティー対策はシステム会社に委託をして監視してもらうだけでなく、ある程度知識を持ち合わせている人材を社内に設置しておく必要があります。サイバー攻撃などは突然発生するため、いかに早く行動するかが大切になります。外部では初動が遅れてしまう可能性もあるため、すぐにでも対応できる社内の人材を設置しておくことが大切です。攻撃はいつ発生するかはわからず、必ずしも発生するとは限らないため他の業務と兼任していることが多いです。ただし、攻撃されたときにはすぐにでも行動をして対策をすることが必要になるため、専任を設置することが大切になります。